produced by 日本貿易印刷株式会社

運営会社はこちら

Nichibo

お電話でのお問い合わせはこちらから

TEL.045-317-3161

【総合製作相談】受付時間/9:00~17:30(月~金)

日本酒『のまっせ』…自動で注ぎます!会津大発ベンチャー開発等 – RFIDニュース 2020/07/08~2020/07/14

2020年7月15日

こんにちは、本日のRFIDニュースです。
2020年7月8日~7月14日までのニュースが中心です。
RFIDの新商品や新ソリューションを積極的に掲載していきますので、
新しいニュースがあれば是非編集部あてにご連絡ください。

本日は日本のニュース2本、海外のニュース1本となります。

【日本のニュース】

日本酒『のまっせ』…自動で注ぎます!会津大発ベンチャー開発

コップの底にICタグを貼り、量などを管理して自動で日本酒を注ぐことのできる装置。日本酒の供給量はクラウドに蓄積され、随時確認が可能。蓄積データを酒卸店と共有すれば、受注発注の省力化が可能になる。

 

レトロ規制が成長阻む 無人コンビニや薬処方に制限

無人店では深夜に酒が売れない…、店によっては乳製品や軽食も販売できない可能性もあり、その理由は前例がないからや年齢確認が必要になるからとの消極的な理由からというなんとも残念な理由。ローソンの無人店舗でも酒類の販売は控えたそう。

 

 

【海外のニュース】

●(英語記事)Sales Are Up at Neste’s RFID-Enabled Unmanned Store

25平米サイズのネスレ社のEasy Deliは、UHF RFID タグを使用して商品を販売カウンターに置き、人手を介さずに購入できるようにしている。