produced by 日本貿易印刷株式会社

運営会社はこちら

Nichibo

お電話でのお問い合わせはこちらから

TEL.045-317-3161

【総合製作相談】受付時間/9:00~17:30(月~金)

エアークロゼットの倉庫管理システム など

2021年12月17日

そろそろ今年も終わりに近づき、年末に向けて掃除などに奔走している日々が続いております。
今年も残り2週間、変わらずRFIDのニュースを更新して参ります!

本日のRFIDニュースです。 2021年12月11日~2021年12月17日までのニュースが中心です。
RFIDの新商品や新ソリューションを積極的に掲載していきますので、 新しいニュースがあれば是非編集部あてにご連絡ください  

本日は国内のニュースが4本、海外のニュースが2本となります。     

 

【国内のニュース】

村田製作所:タイヤ内でも安定した通信が可能な高耐久RFIDモジュールをミシュランと共同開発 
(英語記事):
https://news.google.com/articles/CBMiX2h0dHBzOi8vd3d3LnR5cmVwcmVzcy5jb20vMjAyMS8xMi9hbGwtdHlyZS1tYWtlcnMtdG8tYmVuZWZpdC1mcm9tLW5ldy1nZW4tbWljaGVsaW4tbXVyYXRhLXJmaWQv0gEA?hl=en-US&gl=US&ceid=US%3Aen

⇒タイヤ内蔵用RFIDを村田製作所とミシュランが共同開発いたしました。
商用車タイヤ向けに内蔵を進めており、2024年を目処に乗用車向けへと拡大をする予定しております。乗用車向けに展開がされたら、工場や倉庫内での利用だけでなく、メンテナンスなどRFIDを活用した取り組みが広がりそうで大変楽しみですね。

 

エアークローゼットが⾃社開発した倉庫管理システム(WMS)の運⽤を開始

⇒エアークローゼット社は、『スマリSMARI』や『Scatch!』などの様々なUXへの取り組みを行っており、2019年からはRFIDの導入も行っております。今回、シェアリングビジネスに特化した倉庫管理システムを独自開発し、自社の物流システムとして運用を開始しました。
RFIDの活用はやはり、レンタル品のような繰り返し使用される環境でより一層メリットが出てくるのではと思います。

 

薬包のIoT化により、薬の飲み忘れを防止するシステム

⇒薬の飲み忘れ防止システムをMEDIOTOLOGY社が、デンソーウェーブと共同で開発したと発表しました。2022年3月のサービス提供開始を予定しております。
RFIDタグを取り付けた薬包を専用のIoTお薬箱で管理することで、薬包の出し入れを検知できます。iPhoneやApple Watchとの連携が可能で、専用のアプリケーションに自動で記録され、薬剤師や遠方の家族などが確認できるようになっています。
遠方の家族が確認できるというのは安心感があって機能としてありがたい限りです。

 

⇒皮膚疾患を治療する親の負担をへらすため、塗ったあとに記録する手間を本製品によって省くことができます。薬の容器を製品に置くことで、くすりの種類と時間・量を記録することが可能になっています。また、これらの情報はWeb上で医師も確認することができます。塗り薬だと毎日の記録が大変であることを察します。こういった製品で少しでも作業的な部分が楽になっていければ良いですね。

 

【海外のニュース】

●(英語記事)New York Subway Tunnels Leverage IoT for Emergency Lighting Connectivity

 

●(英語記事)Christmas in the Park Leverages RFID Wristbands

⇒ルイジアナ州の公園で、家族向けのクリスマスイベント開催され、RFID対応のリストバンドを活用し、食べ物や飲み物の購入に活用できます。それ以外にも売上や人工統計、トレンドの追跡など滝に渡っての活用が可能になっています。
HF帯での活用がどんどん活性化し、身近になってきているなという印象です。イベントや決められた範囲内での利用では、やはりHF帯に強みがありますね。

 

●(英語記事)KOOKAÏ Turns to Avery Dennison RFID to Boost Supply Chain Visibility, Omnichannel Strategy

⇒ファッションの小売業者であるKOOKAIは、フィジーとスリランカの製造拠点でAvery DennisonのRFIDを導入し、在庫の計測を数日から30分に短縮することに成功したと報告しております。最終的には、すべての衣類と店舗にRFIDを搭載する予定です。
アパレル関係でのRFIDの導入は様々なニュースが挙がっておりますが、数日から30分への短縮となると素晴らしい効果だなと実感できますね。