produced by 日本貿易印刷株式会社

運営会社はこちら

Nichibo

お電話でのお問い合わせはこちらから

TEL.045-317-3161

【総合製作相談】受付時間/9:00~17:30(月~金)

ムゲンヨーヨーにTalkinThingsのタグが内蔵されています など

2022年5月19日

こんにちは、個人的に衝撃的な今週のニュースは、楽天モバイルの1GBまで 0円の終了でした。
私自身楽天モバイルユーザーであるので、満足して使用しているので特に乗り換え等は検討していませんが、いろんな意見が出ているな-と感じた次第です。
(ただ、容量を使いたいだけ使っているので、私は毎月上限金額なので、まったく影響はございません笑)
携帯料金は毎月の支払いで一番見直しがし易い部分かと思います。私も以前の別のキャリアと比べると毎月数千円の改善につながっております。塵も積もればですね。

 

さて、それでは本題となる本日のRFIDニュースです。 2022年5月14日~2022年5月20日までのニュースが中心です。
今週は、TalkinThings社とタカラトミー社のコラボ記事がございます(本件については残念ながら、当社は関わっておりません)
RFIDの新商品や新ソリューションを積極的に掲載していきますので、 新しいニュースがあれば是非編集部あてにご連絡ください  

 

本日は、国内のニュースが1本 海外のニュースが3本となります。

 

【国内のニュース】

横浜ゴム、工業資材製品へ実装するセンシングシステムのフィールド実証テストを開始-RFID を利用し遠隔監視と損傷予知技術の確立を目指す-

⇒国内外のユーザーの協力の下、マリンホースやコンベヤベルトにRFIDを内蔵して通常の点検で確認できない微細な状態変化を検知し、遠隔で監視可能かどうかの稼働実証実験を開始しました。マリンホースは、将来的にドローンによる自立検知も視野に入れているようです。コンベヤベルトでは摩耗、損傷、温度変化といったことをRFIDによって検知するとのことです。
センサー付きのRFIDとなるかとは思いますが、どのようなタグなのか?センサーの読取り部の仕組みはどうなるか等詳細な情報がもっと出てきてほしい実験ですね。今後の新しい情報に期待して、引き続きウォッチしていきます!

 

【海外のニュース】

●(英語記事)Chip Shortage to Impact RFID Tag Sales in 2022, Says RAIN Alliance President

⇒チップ不足による2022年のタグ販売への影響についてRAIN Allianceのプレジデントとの対談記事です。やはり2022年はチップ不足によって増加予測通りとはいっていないようです。ただ、2023年にチップ不足が解消されると、大きく伸長していくと予想しています。
半導体不足の影響が様々な場所で挙げられておりますが、RFIDも例外ではないようです。ただ、記事内でもあるようにリードタイムが問題となっているだけで、受注のレベルが下がるといったようなマイナス要素は見受けられていないようです。本当に生産状況が変われば好転していきそうな状況ですね。

 

●(英語記事)Tageos Launches EOS-840 RAIN RFID Sensor Inlays

⇒Tageos社が、次世代チップを搭載した電池不要のセンサーインレイであるEOS-840を発表しました。温度/歪み/環境光監視のためのセンシング機能を搭載して様々なアプリケーションに適しています。EOS-840は、Asygn社の次世代チップのAS321xを搭載しております。
センサー搭載のInlayの紹介ということで、今後もセンサー搭載のタグの市場は増大していきそうですね。センサー付きのタグは色々試してみたい製品の一つです。ただ個人的な問題はセンサー機能を使いこなせるのか?といった問題が挙げられますね…。

 

●(英語記事)Polish RFID Tags make their way to Japan toys

⇒タカラトミー社のムゲンヨーヨー(https://www.takaratomy.co.jp/products/mugenyoyo/)に内蔵されているNFCタグはTalkinThings社のタグです。
NFCタグを介して専用のアプリと接続することで、AR効果を加えた動画を撮影することが可能となっています。
ムゲンヨーヨーの紹介動画は以下からご覧いただけます(https://youtu.be/kq8RMgov0dw
※当社にてTalkinThingsをご紹介しておりますが、当社は本件について残念ながら関わっておりません…