produced by 日本貿易印刷株式会社

運営会社はこちら

Nichibo

お電話でのお問い合わせはこちらから

TEL.045-317-3161

【総合製作相談】受付時間/9:00~17:30(月~金)

エアークローゼット社の上場によるレンタルビジネスの注目ポイント など

2022年7月29日

こんにちは、先日人生初キャンプをしてきました。静かで気候も良くキャンプ人気が出ているのが分かる非常によい体験でした。
そんな中、キャンプのグッズも非常に高価なものが多く、様々な種類のものがあるのでそれこそRFIDで管理できないものかな、管理するとしたらどんなことができるだろうと、息抜きに来たはずなのに気づいたら仕事のことを考えていたりと日常となりつつありますね。

 

さて、それでは本題となる本日のRFIDニュースです。 2022年7月23日~2022年7月29日までのニュースが中心です。

本日は、国内のニュースが3本、海外のニュースが2本です。

 

【国内のニュース】

アパレル業界でRFID導入拡大=JAFIC「RFIDセミナー」

⇒日本アパレル・ファッション産業協会のRFID推進小委員会が開催した『2022 夏RFID最新動向セミナー』で、同協会の会員であるアパレルメーカーのうち、14%がRFIDを自社業務に採用し、成果を挙げていると報告しています。昨年3月に第1回目の『RFID最新動向セミナー』が開催され、今回はその2回目となりました。今年度は11月にもセミナーを実施する予定となっています。※JAFIC正会員、賛助会員がセミナーを受講できます。
アパレル業界とRFIDの相性は良いので、こういった取り組みからRFIDの市場がますます広がっていけばいいなと感じております。
私もセミナーを視聴したいと思いましたが、正会員か賛助会員にならないといけないため、個人の判断では視聴ができないのが残念です…

 

高い耐久性と柔軟性をあわせ持つ 高強度RFIDタグの販売を開始

⇒帝人フロンティア社が、高い強度と高弾性および、耐熱性を発揮する高強度RFIDタグ『RECO TAG(レコタグ)』を開発し、7月より販売を開始していきます。まずはユニフォームの管理向けに展開をし、その後はホテルリネン向けとして幅広く展開していく予定です。RECO TAGシリーズとしては、今後はワイヤータイプの開発を進めていく模様です。
リネン系のタグは業界として課題が多いのか私もよくご相談をいただく分野の一つです。どのような機能なのかコスト面でどうなるのかと、気になるところも多いので今後の製品情報がオープンになるのが待ち遠しいですね。

 

 

明日上場予定のエアークローゼット、レンタルビジネス特有の注目ポイントを解説

⇒レンタルビジネスのエアークローゼット社は、オペレーション力の向上のためにRFIDを導入しています。本記事ではそんなエアークローゼット社が東証グロース市場に上場するため、会社のポイントを紹介しております。
エアークローゼット社は以前より倉庫管理システム(WMS)の独自開発がニュースになっていたと記憶しています。RFIDの活用に当たって、導入コストと効果についても考慮した結果であったと思います。どんどんとRFIDの成功例の事例を出して貰えれば業界としてもより成長していくのだろうと考えております。

 

【海外のニュース

●(英語記事)Disney World is already generating record revenue and operating profits. A new wearable will boost engagement.

⇒ディズニーのMagicbandが新たにMagicBand+としてアップデートされます。無料配布が行われなくなってなくなると思われていたMagicBandですが、新たにMagicBand+となり、販売されるとのことです。機能面では一部のナイトショーに連動してバンドが点滅するなどの機能があります。2022年から販売開始とのことですが、実際にどういった機能を持っているのかなど情報が楽しみです。
エンターテイメントでのRFID利用もだいぶ一般的になってきておりますね。

 

 

●(英語記事)Fedrigoni Offers RFID Solutions Following Tageos Acquisition

⇒Fedrigoni社がTageos社を買収して以来、インテリジェントソリューションに対する顧客需要の拡大に対応するためのポートフォリオの多様化を進めています。両者は今度の展望として、製薬業界に注目しています。認証や有効期限、使用方法などの追加データを提供することができるとしています。
Fedrigoni社とTageos社の買収による活動は、記事を見る限りだとプラスに働いているように見えます。RFIDの業界自体が決して大きな市場ではないため、買収によって提供できる市場が拡大することで今後に期待をしたいです。
事例がたくさん外側にアピールされた記事がでると毎週のニュースを探すのも楽になるのですが…